ボールを餌に相手を釣ろう!

 

 

こんにちは!シンです!

 

 

 

あなたはドリブルといったらどんなイメージを浮かべますか?

 

 

難しい技術がないとできない。習得までに時間がかかる。練習をめちゃくちゃやらなくちゃいけない。

 

 

こんなことを考えてはいませんか?

 

 

 

確かに練習をすればするほど技術は上がっていきます。

 

 

 

 

しかし、ただ、やればやるほどいいということでもありません。

 

 

 

練習を数字で表してみましょう。怠けて練習する場合を0.9、真剣に取り組んで練習する場合を1.1としましょう。

 

 

 

これを3日やるとし、掛け算で表すと…

 

 

怠けてやった場合                 0.9×0.9×0.9=0.729

 

 

 

真剣に取り組んだ場合         1.1×1.1×1.1=1.331

 

 

 

このようにたった3日で約2倍ほどの差がつきます。

 

 

 

質の低い練習をいくらやっても技術は向上するばかりか低下するばかりです。

 

 

 

 

 

しかし逆に質の高い練習、高い意識を持って取り組めば

 

 

 

 

 

短時間でも技術の向上

 

 

 

 

をはかることができるのです!

 

 

 

 

 

僕もそうでした。意識を変え、練習を工夫しただけでみるみる成長することができました!

 

 

 

次はあなたの番です!意識を変え、練習に工夫を持って夢を叶えましょう!!!

 

 

 

では本題です。

 

 

あなたはドリブルをするときいつもどうしていますか?

 

 

 

 

いつも自分のタイミングだけでドリブルを仕掛けていませんか?

 

 

 

 

それではいけません。

 

 

 

 

ドリブルを仕掛けるには

 

 

 

 

自分より、まず相手の状況を見なくてはなりません。

 

 

自分も相手も、いい状況でドリブルを仕掛けていくよりも

 

 

 

自分がいい状況で相手が悪い状況でドリブルを仕掛けた方が、勝率UPにつながるのは当然ですよね。

 

 

 

では、どうやって相手を悪い状況にするのか。

 

 

 

 

それは、

 

 

 

相手に餌を撒くことです!

 

 

 

僕はドリブルするとき釣りをイメージします。

f:id:nobunobujyaa:20190413175832p:image

 

 

 

相手を魚、ボールを餌、自分が釣り人とイメージするのです。

 

 

 

 

釣りはもちろん魚が餌に食らいついた瞬間が

チャンスです。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

相手がボールを取りに足を出した瞬間に仕掛ける!

 

 

 

 

 

これこそがドリブルの勝率を上げる1番要素です!

 

 

 

「でも相手が足を出してこなかったらずっとドリブルを仕掛けられないんじゃないの?」

 

 

 

あなたはそう思うかもしれない。

 

 

 

 

そこで、そういう場合は

 

 

 

 

ワザと自分の足から

                    ボールを離す!!

 

 

 

ここでポイントなのが

 

 

相手がボールに届きそうで届かない場所にボールを置くことです!!

 

 

そうすることで必ず相手は足を出してくるでしょう。

 

 

 

そこであなたは相手よりも早くボールに触れれば、もうあなたの勝利です。

 

 

 

これを意識するだけでドリブルが劇的に上手くなります!是非試してみて下さい!